発酵食品資格 健康にダイエットを目指せる発酵食品資格サイトイメージ

今健康や美容に良いと見直されている発酵食品が注目されています。そのため、食品を扱う現場において、発酵食品についての知識や調理法などに詳しいと、重宝される存在となります。当サイトでは、話題の発酵食品に関しての様々な知識と、体系的に学べる実践資格である発酵食品資格とおすすめの講座についてわかりやすく解説してきます。おすすめまとめ

MENU

善玉菌と悪玉菌の違いと正しい知識

善玉菌と悪玉菌の違いと正しい知識

日々の健康を考える上で、善玉菌と悪玉菌の正しい知識を得ることはとても大切なことです。

ちなみに、発酵食品についての資格を取得することによって、善玉菌と悪玉菌の取り扱いについての理解を一層深めることができます。

善玉菌・悪玉菌には、それぞれどのようなものがあるのでしょうか。

腸の中には細菌がたくさんいます!

腸の中には100種類近くの細菌が活動していると考えられています。これら様々な種類の菌は、活動内容から3つの菌に分けることができます。体に良い善玉菌と、体に悪い悪玉菌、として、どちらとも言えないような、いわゆる、日和見菌の3種類です。

腸の中では、善玉菌と悪玉菌との間で戦いが行われています。いわば、なわばり争いのような状態です。どちらが優勢になるかによって、健康への影響が及びます

善玉菌とは?その働きは?

善玉菌とは体に良い菌のことで、例えば、ビフィズス菌や乳酸菌を挙げることができます。善玉菌と悪玉菌との間の戦いで善玉菌が優勢になれば、酢酸や乳酸が作られ腸内は酸性になって行きます。

そのため、悪玉菌が定着しにくい環境へと変化して行きます。善玉菌には次のような働きがあると考えられています。例えば、食べ物の消化や吸収を促進してくれます。病気に対して抵抗力をつけてくれます。そして、悪玉菌の力を弱めます。

善玉菌が腸内にたくさんあれば、生活習慣病になりにくくなったり、長生きする可能性があります。腸内を善玉菌優勢の状態で保てるように努めて行きましょう。

悪玉菌とは?その働きは?

悪玉菌とは体に悪い菌のことで、例えば、ブドウ球菌、緑膿菌を挙げることができます。善玉菌と悪玉菌との間の戦いで、逆に、悪玉菌が優勢になれば、悪玉菌が産出する有害物質によって、大腸ガン、肝臓病などにかかる可能性が高まります

善玉菌は定着しにくくなってしまいます。悪玉菌には次のような働きがあると考えられています。発癌物質の産生量が増える可能性があります。

免疫力が低下し、感染症が生じやすくなります。内蔵に負担がかかり、腸内の腐敗も進みます。便秘や下痢になりやすくなってしまいます。

まとめ

腸内には様々な種類の細菌がいます。腸の中では、善玉菌と悪玉菌との間で戦いが行われています。いわば、なわばり争いのような状態になっています。

善玉菌が腸内にたくさんあれば、生活習慣病になりにくくなったり、長生きする可能性があります。腸内を善玉菌優勢の状態で保てるように努めて行きましょう


  • TOP