発酵食品資格 健康にダイエットを目指せる発酵食品資格サイトイメージ

今健康や美容に良いと見直されている発酵食品が注目されています。そのため、食品を扱う現場において、発酵食品についての知識や調理法などに詳しいと、重宝される存在となります。当サイトでは、話題の発酵食品に関しての様々な知識と、体系的に学べる実践資格である発酵食品資格とおすすめの講座についてわかりやすく解説してきます。おすすめまとめ

MENU

手作りパンの作り方とアレンジの方法

手作りパンの作り方とアレンジの方法

発酵食品に使用される菌は様々です。菌の種類によって様々な食品へと変わります。

発酵食品の資格を取得することで、酵母菌に関する理解も一層深まります

酵母菌は薄力粉を分解する働きでパンを作り出します。

では、パンを手作りするには、どのような手順で作ればよいのでしょうか。

自家製酵母を作ってみよう

まずはじめに、材料として、湯ざまし水(300cc)、瓶と蓋(500ml以上推奨です)、蜂蜜と砂糖(小さじ2杯から大さじ1杯)、みかんの薄皮と実、りんごの実と皮と芯、いちご、バナナの実、ブドウの実と皮、ミニトマトなどの果物等を瓶の3分の1から2分の1を準備します。

果物等をさっと水洗いし、瓶に入れ、湯ざましと砂糖を注ぎ蓋をして混ぜます。基本的に2日目から4日目はそのまま置いておきますが、1日に1回から2回は空気を入れて振り混ぜます。泡がわき出てきたら、一晩位冷蔵庫で休ませて、パン作りに備えます

中種法で食パンを作ってみよう!

パン作りには中種法、ストレート法、発酵種法という製法があります。まずは中種法に取り組んでみましょう。

中種法は生地の一部を捏ね、発酵させる方法です。発酵が終わった生地に、残りの材料をプラスして本捏ねを行います。

それから、一次発酵、ベンチ、二次発酵、焼成まで取り組む方法となっています。中種法で作ると、膨らみが良い、やわらかいパンが出来上がるため、食パンなど、ボリュームあるパンに向いた製法であると言えます。

材料は中種としては先ほど作成した自家製酵母元種(150g)、牛乳(162g)、キビ砂糖(22g)、塩(6g)、強力粉(262g)、本捏ねの段階では水(69g)、強力粉(112g)です。はじめに中種の材料をホームベーカリーに全部入れて捏ねる手前でスイッチを切ってラップをして3~4時間寝かせます。

本捏ねの材料を追加してホームベーカリーで捏ねます。捏ねたらボールに移してラップをかけ、1.5倍から2倍になるまで一次発酵を行います。次にボールから取り出してガス抜きをし、30分程ベンチタイムとなります。

それから型に入れて二次発酵を行い、200度に余熱されたオーブンで30分ほど焼きます。焼き時間や温度は状況に応じて微調整してみましょう。そして、完成です。

完成したパンをアレンジしてみよう!

完成したパンはそのまま食べても良いわけですが、アレンジすることで、フレンチトーストにしたり、手羽元に細かく切った食パンの衣をつけてオーブンで焼くことで、カリカリとしたチキンを作ることもできます。

食パンを使ったカレーパンといったアイデアもあります。アレンジの種類は様々です。

まとめ

酵母菌は薄力粉を分解する働きでパンを作り出します。まず、自家酵母から作ってみましょう。

それに加えて、中種としては、牛乳、キビ砂糖、塩、強力粉、本捏ねの段階では水、強力粉を用いて、中種法でふわふわとした食パンを作ってみましょう。

食パンを使って、カリカリとしたチキンを作るなど、幾つものアレンジ方法があります。


  • TOP