発酵食品資格 健康にダイエットを目指せる発酵食品資格サイトイメージ

今健康や美容に良いと見直されている発酵食品が注目されています。そのため、食品を扱う現場において、発酵食品についての知識や調理法などに詳しいと、重宝される存在となります。当サイトでは、話題の発酵食品に関しての様々な知識と、体系的に学べる実践資格である発酵食品資格とおすすめの講座についてわかりやすく解説してきます。おすすめまとめ

MENU

発酵食品資格を取得するのにかかる費用相場

発酵食品資格を取得するのにかかる費用相場

発酵食品は、人間の体に良いものです。

発酵食品は食物の中の炭水化物・たんぱく質が微生物や、酵素の働きによりできるものです。

それだけに、発酵食品について知識を深めて、発酵食品資格の取得したいと思われる方も増えているようです。

これから、発酵食品資格を取得するのにかかる費用相場を見ていきましょう。

発酵食品の資格取得にかかる費用はどれくらい?

発酵食品に関する資格は色々な種類ありますが、講座料金だけで14万円以上するものもあります。

また、受講料・テキスト代・テキスト代送料・受験料がかかり、20,000円以上費用がかかるところや、養成講座が約40,000円で、認定証発行も有料、というのも珍しくありません。

発酵食品の資格は、食材を準備したり、実習を含めた通信講座や学習形式のため、費用が高くなる場合が多いというのが現実です。しかし、良心的な料金プランで資格を取得することができるところもあります。

発酵食健康アドバイザー

良心的な料金プランで資格を取得できるのが、日本インストラクター協会(JIA)が主催している「発酵食健康アドバイザー」の資格です。これは、発酵職のプロとして認められる資格です。

発酵食に関する資格は他にも幾つかありますが、発酵食健康アドバイザーの資格勉強の内容は、発酵食の作り方、工夫などを学ぶことができます。受験資格は特にないので、安心です。

また、受験費用は消費税込みで10,000円です。「発酵食健康アドバイザー」の試験は、2ヶ月に1回受験するチャンスがあり、年に6回行われています。受験する時は、インターネットから申し込みます。在宅受験なので、交通費や時間を節約することができます。

発酵食健康アドバイザー資格

発酵食品マイスター

日本安全食料料理協会(JSFCA)が主催している「発酵食品マイスター」の資格もおススメです。

「発酵食品マイスター」は、発酵食品に関する色々な分野に関して深い知識を有していることを証明する資格ですし、自家製発酵食品の作り方等にも精通していることを証明できる資格です。

受験費用は消費税込みで10,000円です。発酵食品マイスターの試験も在宅で受験することができますので交通費や時間を節約することができます。70%以上の評価で合格できます。

発酵食品マイスター資格

まとめ

良心的な料金設定の発酵食品の資格を取得するなら、その後の仕事や活動をする際の肩書になります。「発酵食健康アドバイザー」、「発酵食品マイスター」の資格を取得してみるのはいかがでしょうか?


  • TOP