発酵食品資格 健康にダイエットを目指せる発酵食品資格サイトイメージ

今健康や美容に良いと見直されている発酵食品が注目されています。そのため、食品を扱う現場において、発酵食品についての知識や調理法などに詳しいと、重宝される存在となります。当サイトでは、話題の発酵食品に関しての様々な知識と、体系的に学べる実践資格である発酵食品資格とおすすめの講座についてわかりやすく解説してきます。おすすめまとめ

MENU

諒設計アーキテクトラーニングの発酵食品資格W取得講座

諒設計アーキテクトラーニングの発酵食品資格W取得講座

諒設計アーキテクトラーニングには、「発酵食品マイスター」資格と、「発酵食健康アドバイザー」資格の2つの資格を取得できる、「発酵食品マイスターW取得講座」があります。

取得すると飲食、健康、美容などの仕事に役立てたり、講師となれる可能性もあります。

諒設計アーキテクトラーニングで発酵食品資格を取得できます!

諒設計アーキテクトラーニングで、日本安全食料料理協会(JSFCA)が主催する、「発酵食品マイスター」資格と、日本インストラクター協会(JIA)が主催する、「発酵食健康アドバイザー」資格の2つの資格を、最短2ヶ月で取得することができます。

そのために、「発酵食品マイスターW取得講座」(https://www.designlearn.co.jp/hakkousyoku/)が準備されています。

諒設計アーキテクトラーニングの「発酵食品マイスターW取得講座」とは?

諒設計アーキテクトラーニングは、通信教育スクール.netのアンケートで、満足した通信講座1位に選ばれました。「発酵食品マイスターW取得講座」は、発酵食品の基本から学べます。初心者の方でも安心して受講できるカリキュラムとなっています。

講座の内容としては、例えば、発酵とは、発酵に関わる微生物、酢酸菌、納豆菌、乳酸菌、酵母菌、麹菌、カビ、発酵食品の基礎知識、主な日本の発酵食品、醤油の歴史、味噌の歴史、納豆の歴史と種類、醤油の製造方法、味噌の製造方法、ぬか床の手入れ方法、ヨーグルトなどの内容を学ぶことができます。

通常の講座は添削が5回ついていて、受講の料金は59,800円となります。なんと、試験免除のスペシャル講座もあり、スペシャル講座は添削5回と卒業課題もついて費用は79,800円となっています。

資格取得後に何ができるでしょうか?

「発酵食品マイスター」資格や「発酵食健康アドバイザー」資格を取得することによって、例えば、飲食関係や、美容健康関係や食育関係のお仕事に就く際に有利になる場合があります。

発酵食品に関係した事柄を人に教える講師となり、カルチャースクールなどで活動することができるようになります。

まとめ

「発酵食品マイスターW取得講座」を受講し、これらの資格を取得することによって、例えば、飲食、健康、美容などの仕事に役立てることができます。

さらに、カルチャースクールや自宅での講師活動も可能となっています。

発酵食品資格W取得講座


  • TOP