発酵食品資格 健康にダイエットを目指せる発酵食品資格サイトイメージ

今健康や美容に良いと見直されている発酵食品が注目されています。そのため、食品を扱う現場において、発酵食品についての知識や調理法などに詳しいと、重宝される存在となります。当サイトでは、話題の発酵食品に関しての様々な知識と、体系的に学べる実践資格である発酵食品資格とおすすめの講座についてわかりやすく解説してきます。おすすめまとめ

MENU

発酵と腐敗の違い

発酵と腐敗の違い

近年の研究によって発酵食品には、色々な健康効果があることが分かってきました。

ヨーグルトや、ぬか漬け、味噌などブームになっているほどです。

しかし、発酵と腐敗の違いを知っているでしょうか?見た目で発酵と、腐敗の違いを見分けるのは難しいものです。

では、発酵と腐敗の違いについてこれから見てみましょう。

発酵食品とは?

発酵について考える前に、酵素のことを知ることは大切です。酵素は、生物が物質を消化し、吸収、分布、代謝、排泄までのあらゆる過程に関与しているもので、生き物が物質を変化させて利用するのに欠かせないものです。

ほとんどの酵素は生体内で作り出される、たんぱく質をもとに構成されています。酵素は、生物が生きていくために必要不可欠な物質と言うことができます。ですから酵素が不足すると疲れやすくなりますし、生きていくために必要な物質が作れないため、体に色々な不調を起こします。

したがって、酵素は体を元気で健康な状態を保つ働きがあります。そして、食品の保存性や栄養を高めるために、昔から微生物による発酵が利用されてきました。それが発酵食品です。

発酵食品と腐敗の違いとは?

体に良いとされる発酵ですが、発酵は腐敗と同じ原理になり、微生物の化学反応の結果と言えます。しかし、発酵食品と腐敗の結果は全く正反対です。

発酵食品は体に良いものですが、腐敗したものは食べると下痢や食中毒を起こします。たんぱく質や炭水化物に取り付く微生物が発酵菌であれば発酵食品になり、取り付く微生物が腐敗菌であれば、腐敗になります。

腐敗に気を付けましょう!

腐敗は、たんぱく質をたくさん含む食品ほど起こりやすいと言われます。ですから、昔から卵や豆腐の足が速いと言われています。反対に発酵は、炭水化物(糖質)を多く含む食品ほど簡単にできます。

したがって、糖分を含む、米から味噌やお酒ができると言えるでしょう。しかし、発酵ができやすい物質であっても、発酵菌が取り付かなければ発酵することができません。腐敗菌が取り付いてしまえば、腐敗してしまいます。

そもそも腐敗菌はたくさんの種類があり、私たちの周りにたくさん住み着いています。そのため、腐敗菌が苦手な寒い場所で保管して早めに食べるようにします。しかし、冷蔵庫にも腐敗菌の影響にさらされることになりかねないので、気を付けることが大切です。

まとめ

発酵食品は、私たちの体に良いもので生きていく上で必要なものです。毎日の食生活に発酵食品を取り入れるために、発酵食品について学んでみるのはいかがでしょうか?

発酵食品の資格を取得するならば、家族が元気で毎日を過ごすポイントを知ることができるでしょう。


  • TOP