発酵食品資格 健康にダイエットを目指せる発酵食品資格サイトイメージ

今健康や美容に良いと見直されている発酵食品が注目されています。そのため、食品を扱う現場において、発酵食品についての知識や調理法などに詳しいと、重宝される存在となります。当サイトでは、話題の発酵食品に関しての様々な知識と、体系的に学べる実践資格である発酵食品資格とおすすめの講座についてわかりやすく解説してきます。おすすめまとめ

MENU

発酵食品資格を取るまでにかかる期間

発酵食品資格を取るまでにかかる期間

発酵食品は、昔から日本では味噌や醤油など身近な調味料として存在していました。

人間の体に健康効果や美容効果があるとされており、近年人気があります。

発酵食品についての資格を取得するまでにどれくらいの期間かかるのでしょうか?

これから見てみましょう。

「発酵食品マイスター」資格を取るまでにかかる期間はどれくらい?

発酵食品資格の種類の中でもオススメなのが、日本安全食料料理協会(JSFCA)主催の「発酵食品マイスター」の資格です。発酵食品に関する理解が求められる資格で、麹や菌が持つ働きを理解し、発酵過程の説明、美容や健康の効果にも精通していることが求められます。

勉強をしなければいけない範囲が広く設定されていますが、試験に合格すれば発酵食品のスペシャリストとして認められます。ですから、食品関係の仕事をしている人や、子育てをしている人などにオススメの資格です。

勉強して「発酵食品マイスター」の資格を取得するためにかかる期間は、およそ6ヶ月です。しかし、早く資格を取得したい人は頑張れば、最短2ヶ月で取得することも可能です。

「発酵食健康アドバイザー」の資格を取るまでにかかる期間はどれくらい?

日本インストラクター協会(JIA)主催の「発酵食健康アドバイザー」の資格もオススメです。

発酵についての知識や、発酵食品を使用した料理や効果的な食べ合わせの方法、自家製発酵食の作り方や、日常生活に効果的に発酵食品を取り入れるためのアドバイスできる知識や、技能を証明された資格です。

「発酵食健康アドバイザー」の資格を取得するためにかかる期間は、仕事や家事の合間に無理なく勉強しておよそ6ヶ月です。しかし、早めに資格を取得したい人であれば、最短2ヶ月で取得することもできます

2つの資格を最短2ヶ月で取得できる?

発酵食品の知識は奥が深いため、独学で学ぶには限界があります。それで資格試験に対応している諒設計アーキテクトラーニングの「発酵食品マイスターW資格取得講座」は、効率よく学び、資格を取得することができる内容になります。

それも、日本安全食料料理協会(JSFCA)主催の「発酵食品マイスター」、日本インストラクター協会(JIA)主催の「発酵食健康アドバイザー」の2つの資格を同時に取得することができます。

期間は6ヶ月ですが、最短2ヶ月で2つの資格を取得することが可能なので、オススメの講座です。

まとめ

諒設計アーキテクトラーニングの「発酵食品マイスターW資格取得講座」で取得できる2つの資格は講師資格ですから、資格取得後は副業としてカルチャースクールや自宅で講師活動することができます

この機会に資格を取得してみるのはいかがでしょうか?

発酵食品資格W取得講座


  • TOP