発酵食品資格 健康にダイエットを目指せる発酵食品資格サイトイメージ

今健康や美容に良いと見直されている発酵食品が注目されています。そのため、食品を扱う現場において、発酵食品についての知識や調理法などに詳しいと、重宝される存在となります。当サイトでは、話題の発酵食品に関しての様々な知識と、体系的に学べる実践資格である発酵食品資格とおすすめの講座についてわかりやすく解説してきます。おすすめまとめ

MENU

発酵食品と酵素の関係を学ぼう

発酵食品と酵素の関係を学ぼう

発酵と酵素は同じ概念であると考えている方もいらっしゃるかもしれません。

しかし、実際はそうではありません。

では、発酵と酵素にはどのような違いがあるでしょうか。

そして、両者にはどのような関係があるでしょうか。

発酵と酵素の意味内容や関係について考えましょう。

酵素とは?

酵素はタンパク質でできています。体の中で、化学反応の際の触媒の役割を果たします。生物の体内はタンパク質や糖分や塩分など、たくさんの種類の物質が混ざっている状態です。

そんな中、酵素のような触媒があれば、その混ざった状態から特定の物質を作り出してくれます。例えば、ペプシンという酵素は、たくさんの物質が混ざっている中でもタンパク質を分解し、それをアミノ酸に変える役割を果たします。

他にも、消化以外の分野で、筋肉の中で体脂肪を燃えやすい物質に変える酵素などもあります。酵素は体の生体反応に必要不可欠です。

体を健康な状態に保つための重要な働きをします。消化吸収を助けたり、人間では作ることのできない有益な栄養素を作ってくれます

発酵とは?

発酵とは、微生物が自らの内にある酵素を用いて、食べ物の栄養素を必要な物質に変える働きのことを指しています。

例えば、乳酸菌はタンパク質や糖も分解し、自らに必要な栄養やエネルギーを作り出して行きますが、その発酵の過程で、人間の益となる乳酸、ビタミンなどを作ってくれます

発酵と酵素の関係は?

このことから、発酵と酵素は同じ概念ではないということがわかります。酵素は、体の中で化学反応の際の触媒の役割を果たすもののことで、発酵とは、微生物が自らの体内にあるその酵素を用いて、栄養素を必要な物質に変える働きのことを指しています。

両者は同じ概念ではありませんが、発酵の過程には酵素が関わり、酵素の働きによって、物質の栄養素が分解され、有益な栄養素を持つ別の物質に変えられることから、両者は関係しています。

まとめ

酵素は、体の中で化学反応の際の触媒の役割を果たしています。生物の体内のたくさんの種類の物質が混ざっている状態から特定の物質を作り出してくれます。

人間が生きてゆくのに必要な物質を作るための生体反応を助けています。一方、発酵とは、微生物が自らの内にある酵素を用いて、食べ物の栄養素を必要な物質に変える働きのことを指しています。

発酵と酵素は同じ概念ではありませんが、発酵の過程には酵素が関わることから、両者は関係しています。発酵食品の資格を取得することによって、この点の理解も深まります。


  • TOP