発酵食品資格 健康にダイエットを目指せる発酵食品資格サイトイメージ

今健康や美容に良いと見直されている発酵食品が注目されています。そのため、食品を扱う現場において、発酵食品についての知識や調理法などに詳しいと、重宝される存在となります。当サイトでは、話題の発酵食品に関しての様々な知識と、体系的に学べる実践資格である発酵食品資格とおすすめの講座についてわかりやすく解説してきます。おすすめまとめ

MENU

魚の発酵食品とおいしい食べ方

魚の発酵食品とおいしい食べ方

発酵食品は、微生物の力で長期保存できるもので昔から食べられてきました。

発酵させることで栄養価が高くなり、旨味成分も良くなります

日本において発酵食品はなくてはならないものですが、魚の発酵食品があるのをご存知でしょうか?

魚の発酵食品とおいしい食べ方について見てみましょう。

魚の発酵食品の「へしこ」とおいしい食べ方

魚の発酵食品として有名なのは、「へしこ」です。へしこは、福井県で生産されている魚をぬか漬けにした越前地方の伝統の食べ物です。

原料は主にサバを使用しますが、イワシやイカやフグなどをつけ込んだものも、「へしこ」とも呼ばれます。へしこは、サバを発酵し熟成することにより、旨味が増していきます。

生のサバよりもアミノ酸が2.5倍多く含まれていますし、血圧の上昇を抑えるペプチドが5倍も多く含まれていますし、DHAなどの健康成分がたくさん含まれています

食べ方としては、魚についているぬかを軽く落としてからぬかが焦げないように軽く焼いていきます。ご飯の上で食べても良いですし、お茶漬けとして「へしこ茶漬け」は地元でも人気の食べ方です。

また、アンチョビスパゲッティにも使えます。アンチョビはイワシの発酵食品なので、アンチョビをへしこにチェンジして作ります。

魚の発酵食品の「鮒ずし」とおいしい食べ方

滋賀県の郷戸料理である「鮒ずし」も有名です。淡水魚の貯蔵法として伝承されるなれずしの代表的な魚の発酵食品です。普通の握りの寿司とは違い、琵琶湖に生息する子持ちのニゴロブナを塩漬けにして、炊いたご飯と半年以上樽の中で発酵させて作ります

鮒ずしは、独特の香りがしますから初めて食べる人はビックリします。食べると柔らかくて発酵しているチーズのような風味がします。

鮒ずしは、平安時代の「延喜式」という文献に出てきており、昔から祝い事や、朝廷、幕府の献上品として作られてきました。現在は、お客様のもてなしや正月料理として出されています。

鮒ずしの食べ方は、そのまま食べることができますし、お吸い物やお茶漬けにすると美味しいです。

魚の発酵食品の「くさや」とおいしい食べ方

くさやは、伊豆諸島で作られてきた魚の発酵食品です。新鮮なムロアジ・シイラ・トビウオなどの魚をくさや汁に8~20時間も漬け込み、真水で洗い、1~2日天日干しをして完成します。

臭いが強烈ですが、味わうほど旨味があるので美味しく、ご飯に合います。体に良い発酵食品として注目されて、関東地方を中心にくさやは出荷されています。

伊豆諸島産の焼酎など、つまみとして美味しく食べられます。くさやは、江戸時代に献上品とされていた記録があり、長い歴史を持つ食べ物です。

まとめ

「へしこ」や「鮒ずし」、「くさや」といった魚の発酵食品をチャレンジしてみると食生活の幅が広がるでしょう。また、発酵食品についての資格を取得することによって、さらに人生の幅が広がります。


  • TOP