発酵食品資格 健康にダイエットを目指せる発酵食品資格サイトイメージ

今健康や美容に良いと見直されている発酵食品が注目されています。そのため、食品を扱う現場において、発酵食品についての知識や調理法などに詳しいと、重宝される存在となります。当サイトでは、話題の発酵食品に関しての様々な知識と、体系的に学べる実践資格である発酵食品資格とおすすめの講座についてわかりやすく解説してきます。おすすめまとめ

MENU

発酵食品資格を生かして稼げる平均金額

発酵食品資格を生かして稼げる平均金額

日本安全食料料理協会(JSFCA)が主催する「発酵食品マイスター」、日本インストラクター協会(JIA)が主催する「発酵食健康アドバイザー」の資格を取得するとメリットがあるのでしょうか。

発酵食品資格でどれ位稼げるのか目安のようなものが果たしてありますか。

発酵食品資格は就職の際に役立ちます

はじめに、健康に関する仕事、美容に関する仕事に就くのに役立ちます。専門資格を取得していると、健康や美容の分野で、「とりわけ食の発酵食品については○○さん」と、頼りにしてもらえるかもしれません。

続いて、教育や食育に関する仕事でも役立ちます。教育現場でも食育の分野は注目を受けています

子どもたちにとって、食を整えることは登校や勉強意欲とも関連があると考えられるため、発酵食品資格のような食に関する認定資格を持っていれば、その専門性がかわれ、教育や食育の分野で責任ある仕事を任されるかもしれません。

何もない人に比べ、意欲の表れと考えられる可能性も

さらに、発酵食品資格は飲食関係の分野での就職の際にも役立つと考えられます。

たとえ、実際の仕事の内容が発酵食品と直接関わっていなくても、発酵食品資格のように、何らかの食に関係した認定資格を持っていれば、それを食に関心があり、食に関する意欲の表れととらえてくれる企業もあると考えられます。

採用側も、食に意欲や関心を持ち、主体的に仕事に取り組んでくれるような人材を採用したいと思うことでしょう。

どれくらい稼げるの?

このように、発酵食品資格は、特定の分野、特定の仕事というより、幾つもの種類の分野、幾つもの仕事に役立つ資格であると考えられます。

それぞれの職種によって、平均収入も異なるため、特定の仕事に役立つ資格のように、この資格を取得することで、いくら稼げる、平均収入はいくらと、算出するのは難しい資格であると考えられます。

さらに、日常生活の中でも、家族に発酵食品を出して、家族の健康増進に役立つなど、お金では数値化できないメリットもあります。

しかしながら、これまで考えたように、発酵食品資格を持っていれば、何もない人に比べ、意欲の表れととらえられる可能性があることを考えれば、国税庁による平成27年分の「民間給与実態統計調査」によれば、日本人のサラリーマンの平均給与が420万円(男性の平均給与は520万円、女性は276万円)ですから、サラリーマンとなれば、この平均以上を目指すことができるとも考えられます。

まとめ

発酵食品資格は様々な仕事で活かすことができます。採用の際に、食に関心があり、食に関する意欲の表れととらえてくれることも考えられます。

それで、サラリーマンとなれば、日本人のサラリーマンの平均給与以上を目指すことができるとも考えられます。


  • TOP