発酵食品資格 健康にダイエットを目指せる発酵食品資格サイトイメージ

今健康や美容に良いと見直されている発酵食品が注目されています。そのため、食品を扱う現場において、発酵食品についての知識や調理法などに詳しいと、重宝される存在となります。当サイトでは、話題の発酵食品に関しての様々な知識と、体系的に学べる実践資格である発酵食品資格とおすすめの講座についてわかりやすく解説してきます。おすすめまとめ

MENU

発酵食健康アドバイザー資格(JIA)

発酵食健康アドバイザー資格(JIA)

発酵食健康アドバイザー資格は、発酵食品や発酵食品を使用した料理等に関する知識を持っている人に認定される資格です。

日本インストラクター協会(JIA)が認定を行っています。

この資格は日常の食生活に直結しますし、発酵食を人に教える講師の仕事に就くうえで役立つものです

発酵食健康アドバイザー資格とはどのような資格ですか?

発酵食健康アドバイザー資格(https://www.jpinstructor.org/shikaku/hakkousyoku/)は、日本インストラクター協会(JIA)が認定を行う、発酵食品を使用した料理や発酵食品などに関する知識を持っている人に認定される資格です。

この資格の取得に向けて、次の内容を把握しておくようにしましょう。自家製発酵食の作り方、効果的な食べ合わせの方法、普段の生活に発酵食品を効果的に取り入れるためのアドバイスをする技能や知識について、さらに、酢酸発酵の違い、糖化発酵、納豆菌、酵母菌、乳酸菌、麹菌の効果などについてです。

発酵食健康アドバイザー資格には、こんな魅力があります!

この資格を取得することで、実際に自分で発酵食品を生み出し、かつ、人に説明することができる、発酵食品に関するスペシャリストになれます。ですから、様々な種類の発酵食を人に教える講師の仕事に就くうえで役立ちます。

加えて、この資格は日常の食生活に直結する資格です。ご家庭の食卓に発酵食を加え、彩豊かな栄養価の高い食卓にすることができます。このことは家族の体調管理にも役立ちます。

認定試験の費用はどれ位でしょうか?

発酵食健康アドバイザー資格の費用はどれ位でしょうか。この資格受験の料金は消費税込みで10,000円です。70%以上の評価が得られれば、合格となります。認定試験は偶数月に受験することができます。

偶数月の20日から25日の間で都合の良い日を1日選び、在宅で受験することが可能です。受験するために受験会場までわざわざ出かける必要はありませんので、試験日の負担が少ないこともメリットです。

まとめ

発酵食健康アドバイザー資格を取得すれば、様々な種類の発酵食を人に教える講師の仕事に就くうえで役立つものです。加えて、この資格は日常の食生活に直結します。ご家庭の食卓に発酵食を加え、栄養価の高い食卓にすることができます。

家族の体調管理にも役立ちます。この資格には受験回数制限のようなものもありませんので、安心して受験できます。受験の料金も高くはなく、消費税込みで10,000円です。発酵食健康アドバイザーの取得について検討してみるのはいかがでしょうか。

発酵食健康アドバイザー資格


  • TOP