発酵食品資格 健康にダイエットを目指せる発酵食品資格サイトイメージ

今健康や美容に良いと見直されている発酵食品が注目されています。そのため、食品を扱う現場において、発酵食品についての知識や調理法などに詳しいと、重宝される存在となります。当サイトでは、話題の発酵食品に関しての様々な知識と、体系的に学べる実践資格である発酵食品資格とおすすめの講座についてわかりやすく解説してきます。おすすめまとめ

MENU

発酵食品マイスター資格(JSFCA)

発酵食品マイスター資格(JSFCA)

発酵食品マイスター資格は、発酵食品に関する広範囲な知識を把握していることを証明する資格です。

日本安全食料料理協会(JSFCA)が認定を行っています。

この資格は、日常の食事に直接活かせますし、飲食関係等の仕事に就く際に有利になる場合があります。

発酵食品マイスター資格とは?

発酵食品マイスター資格(https://www.asc-jp.com/test/hakkou/)は、日本安全食料料理協会(JSFCA)が認定を行う、幾つもの種類の発酵食品に関する広範囲な知識を把握していることを証明する資格です。

資格の取得に向けて、例えば、次の内容をおさえておくようにしましょう。菌や麹の働きについて、醤油、味噌、納豆、鰹節、酢、発酵食品みりん、ヨーグルトやチーズ、酒粕、甘酒、キムチなどの知識について、有機物の健康効果、美容効果について、発酵の過程で微生物がどのような働きをするかについてです。

発酵食品マイスター資格の魅力は?

この資格は、発酵食品に関係した様々な分野に関して、深い理解のある方に認定されます。日常の食事に直接活かせる資格ですので、取得して損はありません。

食生活の中に、発酵食品をワンポイントとして取り入れることができるようになります。ご家族の健康増進を促進するものとなります。他にも、食育、美容、健康に関する仕事や、飲食関係の仕事に就く際に有利になる場合があります。

認定試験はいつ受けられるの?

発酵食品マイスター資格は、偶数月に受験することができます。偶数月の20日から25日の間で都合の良い日を1日選び、なんと在宅で受験することができます。

忙しい方でも、わざわざ受験するために受験会場まで出かける必要がありませんので、負担が少ないのもメリットです。費用もリーズナブルで、受験の料金は消費税込みで10,000円です。70%以上の評価が得られれば、合格となります。

まとめ

発酵食品マイスター資格を取得すれば、日常の食事に直接活かせますし、ご家族の健康増進を促進するものとなります。さらに、食育、美容、健康に関する仕事や、飲食関係の仕事に就く際に有利になる場合があります。

1年のうち幾度も、偶数月に認定試験が行われますし、在宅受験も可能ですので、気負うこと無く受験に臨むことができます。受験費用もリーズナブルで、受験の料金は消費税込みで10,000円です。この機会に、発酵食品資格の取得について検討してみるのはいかがでしょうか。

発酵食品マイスター資格


  • TOP