発酵食品資格 健康にダイエットを目指せる発酵食品資格サイトイメージ

今健康や美容に良いと見直されている発酵食品が注目されています。そのため、食品を扱う現場において、発酵食品についての知識や調理法などに詳しいと、重宝される存在となります。当サイトでは、話題の発酵食品に関しての様々な知識と、体系的に学べる実践資格である発酵食品資格とおすすめの講座についてわかりやすく解説してきます。おすすめまとめ

MENU

手作りキムチの作り方とアレンジ

手作りキムチの作り方とアレンジ

発酵食品についての資格を取得することによって、キムチに関する理解も一層深まります

キムチの乳酸菌は非常に強く、あの納豆菌までもが食われてしまうほど強力です。

大腸菌やO-157なども食べることができる優良菌です。

では、キムチを家庭で作るにはどうしたら良いのでしょうか。

白菜を使って家庭でキムチを作ろう

白菜(1株)、にんにく(5つ)、チリパウダー(大さじ2杯)、しょうが(40g)、小エビの塩辛(大さじ1杯)、ねぎ(100g)、にんじん(70g)、大根(400g)、塩(50g)を材料として準備します。

白菜を縦に4等分し、水で洗います。葉と葉の間に塩をふりましょう。そして、一晩置くようにします。それから、しなっとした白菜にそれまでついていた塩を十分に落として、しっかりとしぼるようにします。

キムチの素を作ってみよう

キムチの素を作るために、にんにく(5つ)、チリパウダー(大さじ2杯)、しょうが(40g)、小エビの塩辛(大さじ1杯)をボールに入れてよく混ぜるようにします。

それを、ねぎ、にんじん、大根が入ったボールに入れて、ざっと混ぜます。白菜の葉と葉の間にキムチの素をはさむようにし、保存用の容器に丸めて入れます。室温で36時間ほど置き発酵させたら完成です。

発酵させる時には、隙間ができないように、しっかりと押し込むようにしましょう。

こんなアレンジもできます

キムチをアレンジした様々な種類の料理があります。例えば、キムチ鍋があります。キムチの汁と肉の旨味がしみた焼き豆腐などが入ったキムチ鍋は温まります。

豚キムチ、そして、豚肉の代わりに鶏の胸肉を使った鶏キムチといったアレンジ方法もあります。肉じゃがにキムチやバターを加えると、いつもとちょっと違った食事を楽しめます。

白菜のキムチを、ごま油で炒めたイカと和えるだけのイカキムチ炒めというアレンジ方法もあります。おつまみとして食べることもできます。

まとめ

手軽に手作りキムチに挑戦することができます。白菜、にんにく、チリパウダー、しょうが、小エビの塩辛、ねぎ、にんじん、大根、塩を準備します。白菜を縦に4等分し、水で洗い、葉と葉の間に塩をふり、一晩置きます

それから白菜についていた塩を落としてしぼります。キムチの素を作り、それを、ねぎ、にんじん、大根が入ったボールに入れて、ざっと混ぜます。

白菜の葉と葉の間にキムチの素をはさむようにし、保存用の容器に丸めて入れます。室温で36時間ほど置き発酵させて完成です。この機会に、自宅でキムチを作りにチャレンジしてみてはいかがでしょうか。


  • TOP