発酵食品資格 健康にダイエットを目指せる発酵食品資格サイトイメージ

今健康や美容に良いと見直されている発酵食品が注目されています。そのため、食品を扱う現場において、発酵食品についての知識や調理法などに詳しいと、重宝される存在となります。当サイトでは、話題の発酵食品に関しての様々な知識と、体系的に学べる実践資格である発酵食品資格とおすすめの講座についてわかりやすく解説してきます。おすすめまとめ

MENU

味噌の種類と味の違いとは

味噌の種類と味の違いとは

日本の食卓では、味噌は欠かせない発酵食品です。

味噌といっても様々な種類があり、スーパーマーケットに行くと味噌の種類が豊富で、それぞれの味噌の味の違いが分からず、買うのに迷うことがあります。

買うのに困らない為にも、味噌の種類とそれぞれの味噌の味の違いを見てみましょう。

味噌の原料、味と色を知ろう!

日本各地には色々な種類の味噌があります。原料の種類や割合配合、作り方、発酵期間やその地域の気候などで味が変わってきますが、味噌の原料は、麦味噌・米味噌・豆味噌の3つに分けられます。

味噌の味は、辛口味噌・甘口味噌・甘味噌に分かれます。味噌の主な原料の大豆に対する麹の量が比率が多くなるほど甘口になります。そして、塩の量が増えれば辛口に近づくことになります。味噌の色は、白味噌・淡色味噌・赤味噌の3つに分かれます。

白味噌は熟成期間が短く、赤味噌は熟成期間が長いのですが、味噌を熟成させる際に、旨味成分のアミノ酸が糖分と化学反応することによって色が濃くなっていく、というわけです。

日本各地の味噌の特徴

麦味噌のメインは九州で使用され、麦味噌の中でも鹿児島の薩摩味噌は、麦の粒が残っており、甘口で淡色です。さつま汁に使用されます。また、長崎味噌は甘口で淡色です。瀬戸内麦味噌は、麦の香りがするすっきりとした甘みが特徴です。米味噌は一般的な味噌で生産量の約80%を占めています。

米味噌のメインは、本州と北海道で使用されています。米味噌の中でも長野の信州味噌は、辛口で淡色です。新潟の佐渡味噌は、米粒が見える味噌で辛口赤色の味噌です。

加賀味噌は、辛口で濃厚でコクのある赤味噌です。豆味噌は、大豆を蒸して発酵させて熟成させるので米味噌の赤味噌より色が濃くなります。

熟成させる期間が長いので、渋みが強く、旨味がある味になります。豆味噌のメインは、東海地方の一部で使用されています。徳島のねさし味噌は、渋みとコクがある味噌です。八丁味噌は、濃厚な旨味があり苦味と渋みが少しあるのが特徴です。

味噌は栄養満点

味噌は、大豆の製品ですし、発酵食品なので私たちの体に良いものです。必須アミノ酸8種類が含まれていますし、大豆にはイソフラボンやサポニンが含まれています

ですから、味噌は毎日でも摂取したい栄養素がたくさん詰まっています。貝や肉の味噌汁であれば、赤味噌が合いますし、魚や野菜には白味噌が合います。それぞれの味噌の特徴を知って料理にもっと取り入れてみてはいかがでしょうか?

まとめ

味噌は世界でも注目されている、発酵食品です。味噌などの発酵食品をさらに学び、資格を取得することによって、家族の健康にも役立つことになるでしょう。


  • TOP