発酵食品資格 健康にダイエットを目指せる発酵食品資格サイトイメージ

今健康や美容に良いと見直されている発酵食品が注目されています。そのため、食品を扱う現場において、発酵食品についての知識や調理法などに詳しいと、重宝される存在となります。当サイトでは、話題の発酵食品に関しての様々な知識と、体系的に学べる実践資格である発酵食品資格とおすすめの講座についてわかりやすく解説してきます。おすすめまとめ

MENU

発酵食品を作る時の注意点

発酵食品を作る時の注意点

今話題になっている発酵食品ですが、腸内環境を改善したり、肌荒れや冷え性の改善に注目されています。

毎日発酵食品を色々な種類を取り入れようとすると、何かと費用が掛かります。

そのため、自分の家で発酵食品を作ることで、費用を節約すると良いでしょう。

でも、発酵食品を作る時の注意点があります。その点を見ていきましょう。

発酵食品を作る時の注意点とは?

発酵食品を作る時は、微生物を育てる必要があります。そのため、微生物の生育しやすい環境に食品を長時間置いておきます。生息しやすい温度で食品を保存するには、食品によっては30度~40度に保温しなければなりません。

発酵食品を作る時は、雑菌が入らないようにするため、手や使用する道具、まな板などを清潔にしなければなりません。雑菌が入ってしまうと、発酵食品と同じ環境に保存すると雑菌がたくさん増殖してしまうからです。

したがって、殺菌に注意を怠らないように気を付けましょう。

ヨーグルトを作る時の注意点とは?

ヨーグルトも発酵食品の1つです。ヨーグルトの作り方は2通りあります。まず、牛乳と粗飯の菌を混ぜて発酵させて作る方法です。また、ヨーグルトを種として牛乳に入れて発酵させてつくる方法です。

これらのヨーグルトを作る時は、容器やスプーンなどを煮沸消毒などをして殺菌してから作りましょう。雑菌繁殖を防ぎ、衛生に気を付けます。

もし、殺菌が面倒と感じる人であれば、容器に移し替えなくても済むため、ヨーグルトメーカーが安心です。完成したヨーグルトは冷蔵庫に保存します。できれば、1週間以内で食べきりましょう。

発酵食品は早めに食べよう!

発酵食品は健康に良いものですが、発酵食品を作るのはいつも腐敗の危険性があるということを忘れてはなりません。自分のアイデアでいろんな食品を安易に発酵させようとすることは、危険です。

ぬか漬けを作る時は、ぬか床に適した温度が20~25度なので、夏場はそれ以上の温度になる可能性が高い為、冷蔵庫で保管すると良いでしょう。

このように自分の家で発酵食品を作る時は、雑菌繁殖する危険性に気を付けます。そして、作った発酵食品は早めに食べ終えることをオススメします。

まとめ

発酵食品は正しく用いることにより、様々な健康効果を期待することができます。そのためには、発酵食品に関する正しい知識が大切です。

発酵食品についての資格を身に付けることで、健康な日々を送るために役立てるのはいかがでしょうか?


  • TOP