発酵食品資格 健康にダイエットを目指せる発酵食品資格サイトイメージ

今健康や美容に良いと見直されている発酵食品が注目されています。そのため、食品を扱う現場において、発酵食品についての知識や調理法などに詳しいと、重宝される存在となります。当サイトでは、話題の発酵食品に関しての様々な知識と、体系的に学べる実践資格である発酵食品資格とおすすめの講座についてわかりやすく解説してきます。おすすめまとめ

MENU

発酵食品資格でどこまでできるの?

発酵食品資格でどこまでできるの?

発酵食品資格は、いろいろな分野で非常に役立つ資格です。

日本安全食料料理協会(JSFCA)が主催する「発酵食品マイスター」、日本インストラクター協会(JIA)が主催する「発酵食健康アドバイザー」の資格取得に向けて勉強することで、どのような知識が得られるでしょうか。

またその資格は、どのように活かせるでしょうか。

「発酵食品マイスター」の資格取得に向けて学べることは?

「発酵食品マイスター」は、幾つもの種類の発酵食品に関する広範囲な知識を把握していることを証明する資格です。

資格の取得に向けて、醤油、味噌、納豆、鰹節、酢、発酵食品みりん、ヨーグルトやチーズ、酒粕、甘酒、キムチなどの知識、菌や麹の働き、発酵の過程で微生物がどのような働きをするか、有機物の健康効果、美容効果、などについて学ぶことが必要になります。

そのため、資格を所得することで、このような知識を一定レベルで習得しているものと証明されます。

「発酵食健康アドバイザー」の資格取得に向けて学べることは?

「発酵食健康アドバイザー」は、発酵食品を使用した料理や発酵食品などに関する知識を持っている人に認定される資格です。この資格の取得に向けて、次のような内容を把握する必要があるでしょう。

普段の生活に発酵食品を効果的に取り入れるためのアドバイスをする技能や知識、自家製発酵食の作り方、効果的な食べ合わせの方法、さらに、糖化発酵、納豆菌、酵母菌、乳酸菌、麹菌の効果、酢酸発酵の違いなどについて、しっかりと理解する必要があります。

資格を取得することで、このような知識を一定レベルで習得しているものと証明されることになります。

どのように資格を活かせるの?

こうした資格を取得できれば、食生活の中に、発酵食品をバランス良く取り入れることができるようになります。ご家族の健康増進を促進するものとなります。他にも、健康、食育、美容に関する仕事や、飲食関係の仕事に就く際に有利になる場合があります。

実際に自分で発酵食品を生み出して、人に説明することができる、発酵食品に関するスペシャリストになれますので、様々な種類の発酵食を人に教える講師として、その知識が役立てられるでしょう。

まとめ

日本安全食料料理協会(JSFCA)が主催する「発酵食品マイスター」や、日本インストラクター協会(JIA)が主催する「発酵食健康アドバイザー」の資格は、いずれも発酵食品に関する詳しい知識を有していることを証明できる資格です。

この資格は、普段の生活の中でも、仕事においても役立ちます。取得を検討してみるのはいかがでしょうか。


  • TOP