発酵食品資格 健康にダイエットを目指せる発酵食品資格サイトイメージ

今健康や美容に良いと見直されている発酵食品が注目されています。そのため、食品を扱う現場において、発酵食品についての知識や調理法などに詳しいと、重宝される存在となります。当サイトでは、話題の発酵食品に関しての様々な知識と、体系的に学べる実践資格である発酵食品資格とおすすめの講座についてわかりやすく解説してきます。おすすめまとめ

MENU

発酵食品資格を取得できるおすすめサービスまとめ

発酵食品資格を取得できるおすすめサービスまとめ

発酵食品関連の資格を取得できるサービスとして、諒設計アーキテクトラーニングが提供する「発酵食品マイスターW取得講座」やSARAスクールジャパンが提供する「発酵食品 基本コース・プラチナコース」があります。

いずれも、試験免除の講座も準備されています。

発酵食品資格にはどのようなものがありますか?

発酵食品関連の資格として、日本インストラクター協会(JIA)が主催する「発酵食健康アドバイザー」資格と、日本安全食料料理協会(JSFCA)が主催する「発酵食品マイスター」資格があります。

このうち、「発酵食健康アドバイザー」資格は、発酵食品を使用した料理や発酵食品等に関する知識を有している方に認定される資格です。「発酵食品マイスター」資格は、幾つもの種類の発酵食品に関する幅広い知識を把握していることを証明する資格となっています。

発酵食品資格を取得するためのおすすめサービスは?

諒設計アーキテクトラーニングには、発酵食品関連の資格を取得できる「発酵食品マイスターW取得講座」(https://www.designlearn.co.jp/hakkousyoku/)が準備されています。

通常の内容の講座の受講料金は59,800で、試験免除のスペシャル講座の費用は79,800円です。SARAスクールジャパンにも、発酵食品関連の資格を取得できる「発酵食品 基本コース・プラチナコース」(https://www.saraschool.net/kenkou/fermented/)が準備されています。

基本コースの料金は59,800円で、プラチナコースの費用は79,800円です。プラチナコースの方はコース終了時に卒業課題を提出することで、それ2つの資格を取得できます。

発酵食品資格を取得すると、どのようなメリットがありますか?

こうした資格を取得できれば発酵食品に関するスペシャリストになれます。発酵食品について教える講師として、カルチャースクールで活動することもできます。

飲食、美容、健康、食育関係のお仕事でも役立つものです。これらの資格は、日常生活でも活用できます。ご家族への食事に発酵食を加え、健康に配慮することもできます。

まとめ

諒設計アーキテクトラーニングの「発酵食品マイスターW取得講座」や、SARAスクールジャパンの「発酵食品 基本コース・プラチナコース」を活用して、「発酵食健康アドバイザー」資格や「発酵食品マイスター」資格の取得を検討してみませんか。


  • TOP