発酵食品資格 健康にダイエットを目指せる発酵食品資格サイトイメージ

今健康や美容に良いと見直されている発酵食品が注目されています。そのため、食品を扱う現場において、発酵食品についての知識や調理法などに詳しいと、重宝される存在となります。当サイトでは、話題の発酵食品に関しての様々な知識と、体系的に学べる実践資格である発酵食品資格とおすすめの講座についてわかりやすく解説してきます。おすすめまとめ

MENU

危険な発酵と安全に発酵させる方法

危険な発酵と安全に発酵させる方法

発酵食品は体に良い食べ物ですが、安全に発酵させないと腐敗してしまいます

危険な発酵と、安全に発酵させる方法について知ることによって、失敗せずに発酵食品を体に取り入れることができます。

詳しく見てみましょう。

危険な発酵をしてしまったらどうなる?

発酵食品は、微生物の働きにより体に良い物質が生み出されるものです。日本古来から味噌や醤油など数か月~数年をかけて熟成させ発酵させる方法を見出してきました。

しかし、安全に発酵させないと、間違って危険な発酵になってしまいます。危険な発酵、腐敗したものは、異臭がします。間違って腐敗したものを食べるとどうなるでしょうか?

お腹が痛くなったり、食中毒などを起こしてしまいます。そのため、発酵食品を作る時には、注意が必要です。正しい知識を身に付けて細心の注意をすることで、危険な発酵をさせてしまうという失敗はしないことでしょう。

安全に発酵させる方法とは?

安全に発酵をさせるためにどのようなことに気を付けたら良いのでしょうか?

まず、使用する容器やスプーンは清潔な熱湯消毒しましょう。また、温度、pH値、湿度の管理をきちんとすることが重要です。腐敗菌は多くの種類があり、私たちの周りにたくさん住み着いていますが、食べ物にその腐敗菌が取り付くと、腐敗してしまいます。

そのため、雑菌を防がなければなりません。例えば、蒸した大豆を納豆菌の働きによって納豆が完成しますが、途中雑菌が入ってしまうと、納豆から異臭がして、失敗してしまいます。

さらに、発酵食品を腐敗菌が苦手な、寒い場所で保管しましょう。それによって、安全に発酵させることができるため、発酵食品を毎日楽しむことができます。

安全な発酵食品を楽しむために

せっかく手作りで発酵食品を作ったつもりが発酵を失敗してしまった、という経験をよく聞きます。発酵食品というものは、奥が深いものです。正しい知識を身に付けることで、間違って危険な発酵をさせてしまうという心配をすることはありません。

それで、発酵食品について学ぶのにオススメなのが、諒設計アーキテクトラーニングの「発酵食品マイスターW資格取得講座」です。

発酵食品の種類、歴史、製造方法、健康効果や利用方法を一通り学べる講座内容なので、発酵と腐敗の違いや、麹や菌の働きなど深く理解することができます。

さらに、日本安全食料料理協会(JSFCA)主催「発酵食品マイスター」、日本インストラクター協会(JIA)主催「発酵食健康アドバイザー」の2つの資格を同時に取得することができます。

まとめ

手作りの発酵食品を味わうためには知識が必要です。失敗してしまうと危険な発酵食品を作ってしまうことになるでしょう。

そうならないために、諒設計アーキテクトラーニングの「発酵食品マイスターW資格取得講座」を学んで資格を取得してみるのはいかがでしょうか?

発酵食品資格W取得講座


  • TOP