発酵食品資格 健康にダイエットを目指せる発酵食品資格サイトイメージ

今健康や美容に良いと見直されている発酵食品が注目されています。そのため、食品を扱う現場において、発酵食品についての知識や調理法などに詳しいと、重宝される存在となります。当サイトでは、話題の発酵食品に関しての様々な知識と、体系的に学べる実践資格である発酵食品資格とおすすめの講座についてわかりやすく解説してきます。おすすめまとめ

MENU

発酵食品を作るのにかかる平均期間

発酵食品を作るのにかかる平均期間

発酵食品は、食材を微生物などの作用により発酵させた食品です。

冷蔵庫ができる前から保存食などの目的で作られてきました。

納豆や味噌、本みりんなどの様々な種類が日本の伝統的な発酵食品です。

しかし、発酵食品を作るのにどれくらいの期間が必要なのでしょうか

平均期間などを見てみましょう。

味噌を作るのにかかる平均期間は?

味噌には、動脈硬化や心臓病の予防効果がある大豆たんぱく質、アミノ酸、ビタミン、ミネラル、酵素などが含まれています。味噌は、大豆を水でよく洗い、約8時間ほど浸しておきます。大きめの鍋に、浸していた大豆と水を入れて煮立て、沸騰したら弱火にし大豆が柔らかくなるまで2時間以上煮ていきます

煮えた大豆をザルに上げ、大豆が約40度になるまで冷まし、すり鉢などですりつぶします。麹に塩を加えて、均一になるようによく混ぜ、すりつぶした大豆と混ぜます。

仕込み容器に仕込んで詰めていき、空気が触れないように表面に厚手のビニールをあて、内ふたを載せて、その上に重石を載せ、外ふたをし、ビニールや新聞で覆ってヒモ等で縛ります。

味噌はどれくらいの期間発酵させて完成するのでしょうか?それは、手作り味噌の仕込みをした時によって違ってきます。仕込みの時が10月~4月の場合は、熟成期間は6~8か月かかります。その他の月に仕込む時は、4か月熟成させます。

本みりんや納豆を作るのにかかる平均期間は?

本みりんも発酵食品の1つです。本みりんは、焼酎にもち米、米麹、醸造アルコール、糖類を入れて発酵させて作ります。熟成させるために40~60日間の期間がかかります。納豆は、大豆を一晩(10~12時間)水に浸して、高圧圧力鍋で約1時間位蒸しあげていきます。

100ccの水を沸騰させて、納豆菌を混ぜ、蒸しあげた大豆に納豆菌をスプレーで噴霧します。そして少しかき混ぜて、39度~42度に保温した発酵箱に入れて発酵させます。24時間位すると納豆が完成しますが、発酵させた大豆を冷蔵庫に1日ほど入れます

そうすることにより、納豆菌酵素の働きでアミノ酸が生成され、風味が増します。ですから、納豆を発酵させてから食べられるまで約2日ほどかかることになります。

ヨーグルトを作るのにかかる平均期間は?

発酵食品の中でヨーグルトは簡単で出来上がる期間も短いです。新鮮な牛乳に種菌を混ぜて開口部を閉じます。そして、室温で発酵させていきますが、温度により発酵時間が変わってきます

夏は、発酵時間が約24~36時間ほどでヨーグルトが出来上がります。しかし、冬は36~48時間以上かかることがあります。

まとめ

発酵食品は、ヨーグルトのように発酵期間が短いものから、味噌のように何ヶ月もかかるものから様々です。作る季節によっても違ってきますので、発酵食品は奥が深いと言えるでしょう。

発酵食品の資格を取得するなら、奥の深い発酵食品の知識を取り入れることができます。


  • TOP