発酵食品資格 健康にダイエットを目指せる発酵食品資格サイトイメージ

今健康や美容に良いと見直されている発酵食品が注目されています。そのため、食品を扱う現場において、発酵食品についての知識や調理法などに詳しいと、重宝される存在となります。当サイトでは、話題の発酵食品に関しての様々な知識と、体系的に学べる実践資格である発酵食品資格とおすすめの講座についてわかりやすく解説してきます。おすすめまとめ

MENU

手作りヨーグルトを大量に作る方法

手作りヨーグルトを大量に作る方法

ヨーグルトはダイエットにも役立ちますし、美容や健康を促進します。

しかし、市販のものは一般的に個包装の小さなサイズのもので、大容量で売っているわけではありません。

コストもかかります。手作りならお得です。

では、ヨーグルトはどのような手順で作っていくと良いのでしょうか。

ヨーグルト作りのために必要なものをそろえよう!

準備するものは、種菌となるヨーグルとを大さじ1杯程度、牛乳を500ml~1000ml、ヨーグルトメーカーとスプーンです。ヨーグルトメーカーを使う理由は、安全にヨーグルトを作ることができるからです。

ヨーグルトメーカーは、発酵温度を一定に保てる上、密閉性があるため、雑菌の混入を防ぐことが可能です。失敗するリスクを低くし、安定的にヨーグルトを供給できます。

ヨーグルトを手作りする際には、乳飲料や加工乳ではなく、牛乳を使いましょう。

熱湯や電子レンジも活用します!

まずは発酵に使う容器の消毒を行います。安全のためにこの過程も大切にしましょう。熱湯消毒を行います。少なくとも30秒以上は熱湯消毒しましょう。

次に牛乳を温めます。温めると、最初から発酵しやすい温度に近づけられます。そのため、早く発酵を進められます。蓋を開けないで、牛乳パックごと電子レンジで温めましょう。目安としては500Wなら3分半、800Wなら3分位です。

ヨーグルトメーカーを使ってみましょう

続いて、牛乳に種となる菌を入れます。牛乳、そして種菌となるヨーグルトもこのタイミングで封を開けるようにしましょう。さらに、種となる菌を入れた牛乳をヨーグルトメーカーにセットします。

もし、温度設定が可能なヨーグルトメーカーであれば、概ね40℃位に設定します。ヨーグルトメーカーにセットし、7時間から12時間程度発酵させると完成です。

完成したものは、冷蔵庫に入れて保存しましょう。分量や作成回数を増やすことで、大量に作ることも可能です。

まとめ

種菌となるヨーグルとを大さじ1杯程度、牛乳を500ml~1000ml、ヨーグルトメーカーとスプーンがあれば、ヨーグルトを手軽に家庭で作ることができます。まずは発酵に使う容器の消毒を行い、牛乳を温め、牛乳に種となる菌を入れます。

菌を入れた牛乳をヨーグルトメーカーにセットし、発酵させれば完成です。分量や作成回数を増やせば、大量に作ることも可能です。

発酵食品の資格を取得することによって、ヨーグルトに関する理解を一層深めることができます


  • TOP